花粉症と言うのは、全ての植物の花粉で起こるわけではありません。日本国内で言うなら50種類~80種類くらいだと言われています。<代表的な植物について>スギ、ヒノキ、ブタクサ、花粉症患者の約8割がスギ花粉症だと言います。(汗)それで春が近付いてくると毎年のように花粉予報にビクビクする人も多いことでしょう。(汗)花粉予報が大体は春前に行われます。それで花粉症は、春に出る症状なんだと思いがちですよね。しかし、花粉症の原因となる植物の種類、地域によっては夏でも秋でも花粉症になると言います。(汗)例えば春先ですと、東北、北海道地方では、シラカバになります。本州ではスギ花粉の飛散が活発化します。初夏を迎えるとイネ科の植物の花粉になります。秋になるとブタクサの花粉が飛散することになります。このように季節により花粉症の原因である植物が変わってくると言います。花粉症予防のためには、自分が何の植物で起きる花粉症なのか探してもらいます。その植物の花粉予報をチェックしてください。そして対策を考える必要があります。それでも花粉症は、環境条件が同じでも皆がなるわけではありません。もし季節を跨いで花粉症になっているなら他のアレルギーも引き起こす原因となるかもしれませんね。それで早めの対策が必要になります。その辺のことも考慮しましょうね。

関連ページ